スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

お墓参りに行く理由

■春分の日。

こんばんは、三日月です(o^∇^o)ノ

今日はお墓参りに行って来ました。
同じ市内に住むイトコのお父さんの、です。

イトコとはよく会っているのですが
毎年、お盆やお彼岸といった節目に車で連れて行ってもらいます。

霊園に着くと沢山の車と人。
やはりお彼岸シーズン!

いざ伯父のお墓の前に行くと、既に
キレイなお花と煙の立った線香が置いてありました。


「ついさっきまで誰かいらしたみたいね?」


どうやら同じ霊園の中に親戚のお墓があるようで。
その人たちが置いてくれたのだろうと言っていました。

そしてイトコも同じように
その親戚のお墓用に用意してきたお花を持って行きました。

伯父のお墓参りをしてくれる家族以外の人が自分以外にもいらしたんだ^^
って嬉しくなりました。

私は日ごろからご先祖様のお墓参りをしているわけではありません。

でもこの伯父のお墓参りには毎年行っています。
いつも私の方から「連れて行ってね」って連絡して。
(でないと、誘われるようなことでもないからですね。)

以前友人に
「よくお墓参り行ってるよね」って言われたことがあり
(といっても年に2、3回だけど)
このことを深く考えたことがありました。

確かに。
伯父には子供の頃からお世話にはなっていましたが
そんなに交流があったわけではありません。

なのになぜ、自分は伯父のお墓参りにだけよく行ってるんだろう?
特に伯父に報告したい事があるわけでもないのに。

そういう風に思っていた頃、
あるテレビ番組でお墓参りについてのことがクイズ形式でされており

「お花をご先祖様に見せたいから墓石の方に向けて置いているが正解か?」
と、出演者の人が質問していました。

なるほど、そんな考え方もあるのか。
そういえばそうねぇ?そうした方が良かったのかな?と私も思いかけたのですが
正解は×でした。(良かった~笑)

花は、こちら(お参りする人に見えるよう)に向けて置くのが正しいのだそうです。
なぜならば、お墓参りは参る人を慰める為のものでもあるから。


それを聞いた時、妙に納得したのです。
それだ!自分が伯父のお墓参りによく行っている理由!


私は、伯父の墓に参りたいというよりは
父親を亡くしたイトコを慰めたいんだ、と。


今日、自分たち以外の人が来てくれてたのを知った時
私でさえ嬉しくなったのだからイトコはもっと嬉しかったことだろう。

本当はお墓参りや線香をあげる意味とかちゃんとあるのかもしれないけど
生きている人を慰める理由でも良いんじゃないかなって思っています。


そういう風に考えるようになってからは
お供え物も毎回、伯父が好きだったものではなく
イトコが好きそうなお菓子を持って行きます。

そんなイトコも今日は、
自分たちが食べたいモノを、と桜餅を買っていました(笑)

こんな風に笑って過ごしているイトコを
天国のおじちゃんが見てくれていたことでしょう^^

スポンサーサイト

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。